あなたの町をきっと再発見できる小冊子      「ことりっぷ」

大人気!女性向けガイドブック「ことりっぷ」

旅行ガイドブックといえば「るるぶ」や「まっぷる」が真っ先に思い浮かびますよね。各地域ごとに名所やグルメ、お土産に宿などの情報がたくさん載っていて、お世話になった方も多いはず。

そんなガイドブックに新たな顔が登場していたのをご存知でしたか?それは「ことりっぷ」。旺文社(株)から2008年に創刊されて以来、着々と売り上げを伸ばし、今や女性に人気の旅行ガイドブックなんですよ。

「ことりっぷ」とは

「co-」(=小さな)と「Trip」(=旅)で、「ことりっぷ」。 働く女性たちが週末に行く、2泊3日の小さな旅を提案するガイドブックです。 等身大で楽しめる旅をテーマに、レストランやスイーツ、ホテルを女性向けにセレクト。 モデルコースや交通も、一番便利な情報にしぼって紹介しています。 表紙はおしゃれな和風柄。全種類違う柄なので、お部屋に並べるのもすてきです。

                引用:「MAPPLE」ホームページより

20~30代の働く女性をターゲットに、小さな旅をコンセプトにした旅行ガイドブックなので、イラストもかわいいんです。

かわいいと言っても大人女子を意識して和風の粋なイラスト。表紙も他紙のように地名や名所の写真をたくさん載せたごちゃごちゃしたものではなく、写真は1カットのみのはんなりとした印象。サイズも少し小さめで、小さめのカバンにもすっぽりと入るようになっているんです。

旺文社(株)ということなので、そう、あの「まっぷる」と同じ会社から発行されているんですね。お値段は「まっぷる」より少し安めの864円(税込)。

無料小冊子「ことりっぷ」は優れもの  

そんな「ことりっぷ」ですが、各地方自治体とコラボして小冊子「ことりっぷ」を作成し、期間限定で無料配布しているんですよ。地域によってはもう配布終了かもしれませんが…。わずか20ページ足らずで大きさも約18×15cmと小ぶりながらも、その内容の充実度には目を見張るものがあります。

私がもらってきたのは「ことりっぷ酒々井」。

和風柄の表紙がかわいらしい

たまたま役場でいただいたのですが、その目次を紹介すると

・酒々井のワンデイトリップ

・フレッシュ食材のレストラン&カフェ

・老舗の酒蔵と歴史さんぽ

・酒々井のおいしいおみやげ

・素材にこだわるランチ

・訪れてみたい景色と行事

                   引用:「ことりっぷ酒々井」より

とギュッと詰まった内容に。行ったことあるお店なのに、「また行ってみたい」と思わされる写真の撮り方に脱帽です。

大人女子向けなのでレイアウトや挿絵が落ち着いたかわいさに仕上がってます

ちなみにこのエリア周辺では、成田市の「ことりっぷ成田」と、北総沿線情報「ことりっぷもっと北総線さんぽ」、流山市の「ことりっぷ流山さんぽ」があったみたいですよ。

続々登場!コラボグッズ

地方自治体だけでなく女子大やファッションブランドとタイアップするケースもあり、また異業種と連携したグッズも誕生しているんです。なんとご朱印帳とコラボしたものまであるんですよ。大人女子の心をくすぐるアイテムですね。

他にもトラベルグッズに時計や靴、傘や鞄や食べ物まで!「ことりっぷ」の世界観がイメージされているので、どれも落ち着いた色合いのかわいらしいものばかり。特に傘はその柄に「ことりっぷ」の表紙柄が採用されているものもあるので、地元や出身地のものがあったらつい欲しくなってしまいます。

この秋からはベルメゾンとのコラボも始まったようなので、より多くの人が目にするようになりますね。

小冊子「ことりっぷ」はいろんな地方自治体から発行され、無料配布されているので、住んでいる所や旅先で近くにないか探して、ぜひ手に入れて見て下さい。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク