コンビニの納豆巻きを食べ比べ

忙しいときに手軽に食べられるお昼ご飯と言えば、おにぎりやおいなりさんやのり巻き。
車を運転していてお店に入って食べるほど時間がないときには、私もコンビニでこれらを買って食べています。

中でもお気に入りは納豆巻き。コンビニの納豆巻きは太さが丁度良く、おいし~!

納豆そのものはメーカーによって味の違いがあり、お気に入りのメーカーというものがありますが、コンビニの納豆巻きも違いがあるのだろうかと気になったので、早速試してみました。

ちなみに、あくまでも私個人の感想であることをお忘れなく!

大手コンビニ三社を食べ比べ

まず用意したのは、ファミリーマート、ローソン、セブンイレブンの納豆巻き。

右からファミリーマート、ローソン、セブンイレブン

値段はどれも税込み130円でした。

パッケージを見比べてみると、ファミリーマートには納豆の写真はなく、ローソンのはどこにもローソンのロゴが入っていません。

パッケージのデザインはセブンイレブンのがおいしそうに見えます。

開けてみた

ファミリーマート

ローソン

セブンイレブン

上からファミリーマート、ローソン、セブンイレブン

ファミリーマートはフィルムを破いて開けるときに紙の部分が引っ掛かり、やや開けにくいです。

ローソンは抵抗なくスパッと切れました。

セブンイレブンは破ける部分の幅が広く、開けるのに手間取りました。子供や年配の人には開けにくいのではないかと思います。

また、ファミリーマートとセブンイレブンはやぶいた後は同じ開け方で、フィルムを引き抜き海苔が半分出た状態で海苔をごはんに巻きつけるやり方でしたが、ローソンはわずかに出た海苔の方にごはんを転がして海苔に巻きつけるやり方でした。

ローソン方式はちょっとやりづらいかな

海苔を比べてみた

ファミリーマート 13.8cm 巻いたあまり2cm

ローソン 14.2cm 巻いたあまり2.5cm

セブンイレブン13.9cm  巻いたあまり1.5cm

海苔の長さはローソンが一番長く、ファミリーマートとセブンイレブンはほぼ同じ長さでした。海苔の長さはとても重要で、というのも納豆巻きは食べているうちに下の方から納豆がこぼれ落ちてくるので、これを防ぐためには余った部分の海苔を切り取り下の方に巻いてやる必要があるのです。

ローソンは海苔が長い分を切り取って下に巻いて、納豆が落ちないように防ぐことができる

これができるのとできないのとでは食べやすさにだいぶ違いが出てくるので、海苔は長い方が断然いいです。その点ではローソンが一番です。

食べてみた

さて、ごはんに海苔を巻きつけて食べてみると・・・

ファミリーマート  

・納豆をかんだ感じが一番しっかりしている
・納豆が少しボソボソしている感じがする
・シャリがギュッと巻かれている

ローソン      

・シャリがふっくらしている 

・納豆の粘りやにおいを感じる

セブンイレブン   

・納豆の粘りが一番強い
・海苔も納豆もしっかりしているので、納豆巻きを食べている感じが一番する

という印象を受けました。

果・・・

以上をまとめてみると

  開けやすさ

海苔の巻き方

 味 食べやすさ

ファミリーマート

  〇       〇   △
ローソン       △  〇   ◎
セブンイレブン   △         △

という結果になりました。

食べやすさは断然ローソンなのですが、納豆巻きを食べている感が一番するのはセブンイレブンだと思います。

とは言っても、ドングリの背比べでしかないのですけどね。

追記

今回は家の近くになかったためミニストップを食べ比べてはみなかったのですが、先日ミニストップを見つけたので納豆巻きを買ってみると、海苔の長さはダントツでミニストップのが長かったです。

お値段はこちらも同じ130円

ミニストップの海苔はこんなにあまります

あまった部分を切り取り下に巻いてあげます

こうして持つと納豆が下から落ちてこないので、がぶっと食べられます

ということで、食べやすさはミニストップがダントツで一番でした。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク