家族でお得に使うなら「mineo」

今や小学生でも持ち始めているスマートホン。まだ親のお下がりをwi-fiのみで使っているうちはいいのですが、中学生ともなるとちゃんと契約して持たせているというところが多いと思います。

そうなると気になってくるのがスマホの料金。大手キャリアーソフトバンク・au・docomoで契約となると一人約7,000円~といったような高額になってしまいます。学割のサービスもありますが、だとしても家族で持つにはちょっとお財布が・・・。

もちろん値段が高い分手厚いサービスを受けることができます。ですが、そこまで求めていないから何とか安くしたい!という方は格安SIMを選ぶでしょう。
何てったって大手キャリアの半分ほどの値段で持つことができるんですから。

しかし、今では格安SIMもだいぶ増え、どれを選んでいいかわからないと思います。
docomoを使っていた方なら選択肢はたくさんありますが、もしあなたがauをお使いなら、「UQmobile」よりも「mineo」をオススメします。

親子で持つなら「mineo」をおススメする理由

それは何と言っても「パケットギフト」なるサービスがあるからです。
似たようなサービスで「パケットシェア」というものもありますが、こちらは少し使いづらいんですよね。

パケットギフトとは

今月のあまっているパケットをmineoのユーザー同士なら誰にでもあげられるというサービスです。Aプラン(au)とDプラン(docomo)間でもやり取りは可能です。
ただし、同一のIDで契約している回線間ではこれが使えません。

                         「mineo」HPより転載

パケットシェアとは

家族での繰り越した分を翌月に分けあえるサービスです。
ただし、利用できるのは最大で5回線までで、メンバー登録をしなければならない。

                       「mineo」HPより転載

パケットギフトとパケットシェアの最大の違いは、
パケットギフトは今あるパケットをすぐにあげられるのに対して、
パケットシェアは今月余った分を翌月に家族で分け合える
というところです。

なので家族でスマホを持った時、一見パケットシェアを使った方がいいのかと思ってしまいますが、こちらだとあくまでも分け合えるのは今月のあまった分を翌月にということなので、足りないので今すぐパケットが欲しいというときには使えないサービスなのです。

最初息子のスマホは私の名義でsimを契約し、パケットシェアで息子にパケットをあげていたのですが、このタイムラグがもどかしくてやめてしまいました。

家族でお得に使える方法

実際に我が家でやっている方法を教えますと・・・、
まず、母親である私が私の名義で契約します。
私はガラケーとスマホの2台持ちなので、データ通信だけの契約で3Gb900円のプランに入っています。
ちなみに「mineo」1Gbで800円、3Gbで900円なので3Gbに入った方がお得ですよ。

子供は父親の名義で契約します。
 あ、子供の父親である私のおっとちゃんはauの契約でiPhone使ってます。
長男は現在wi-fiとは無縁の寮生活ですので、6Gb1580円のプランです。
長男もガラケーとの2台持ちです。

次男も父親の名義で契約します。
次男はガラケーを持っていないのですが、データ通信のみの3Gb900円のプランに入っています。

子供と母親である私が別の名義で契約することにより、
パケットギフトをすることが出来ます。

これで長男がパケットが足りなくなった時にすぐに私のをあげることが出来るのです。
ちなみに父親であるおっとちゃんは「mineo」にはノータッチなので、私がおっとちゃんのIDを管理しています。なので、息子にパケットせがまれたらスマホで私のマイページにログインしてパケットギフトのコードを発券、一度ログアウトし、今度はおっとちゃんのIDでログインしなおしてパケットギフトのコードを受け取るということが出来、ものの1~2分でパケットのやり取りができます。

もしも私のパケットが足りなくて長男にあげられない場合は、次男から一度私にパケットギフトをし、それを私から長男にパケットギフトをするということが出来ます。

これが出来るので親子で使うなら「mineo」がおススメなのです。

さらにお得な無限繰り越し

上の要領でやり取りしたパケットの有効期限は、受取日の翌月末までとなっています。
ということは・・・、

使いきれずに残ったパケットはお互いにギフトし合えば
無限に繰り越すことが出来るのです。

もちろん、自分が使いきれずに余ったパケットは翌月に繰り越されます。そして繰り越された分から使われていくのでよっぽど余っていない限りパケットが無駄になることはないと思います。ちなみに繰り越されたパケットを翌月に消費しきれなかった場合は、翌々月には消滅してしまいますので要注意です。

セルフ消費できるのであれば、この裏ワザは必要ないと思いますが、毎月のパケット消費量が安定していない人はこの裏ワザは有効となるので、家族で「mineo」に入っていると安くお得にスマホを持つことができるのです。

「mineo」「マイネ王」という公式のコミュニティーサイトもあり、分からないことを教えてもらったり、パケットギフトの相手を探し合ったりできるなど、ユーザー同士の交流も盛んに行われています。もし、格安SIM探しに迷っているのなら、こちらのサイトを覗いてみて「mineo」がどのようなものなのか見てみるといいと思います。

ほんの十数年前までは携帯電話は仕事をする大人が持つものであったのに、今では小中学生までもがスマホを持つ時代。もう数年経ったら一体スマホもどんな進化を遂げているのか気になるところですが、安くなってくれることを期待します。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク