プロフィール

オパンスキーはこんな人

はじめまして!

そしてようこそ!!

こちらのページまで来ていただいてうれしい限りです。

ありがとうございます。

私オパンスキーについて自己紹介させていただきます。

生まれた年  1970年代前半

生まれた所  岩手県

住んでいる所 チーバくんのほっぺたの辺り

家   族 ・バイクいじりを生業とするおっとちゃん 

      ・船乗りを目指し現在船の上で実習している長男

      ・車をいじりたくて自動車科のある高校へ通う次男

      ・中学の部活でまさかの柔道部へ入部した長女

      ・ランドセルの重さに耐えながら毎日学校へ通う次女

      ・そしてわたくし、パンダとT-BOLANと家族を愛するオパンスキー

経   歴  

岩手県は県南の鬼の住む町で生まれ、

まるで男の子のようにのびのびと育ちました。

春には水の張った田んぼに入り泥だらけでオタマジャクシを探し、

夏には近くの川へ行き水遊びや魚突きをし、

秋になれば近くの森へ行き栗ひろい、

冬になれば屋根から落ちた雪を上り、

屋根から飛び降りて遊んでいました。

高校受験の時には、母親が女子高にはいくなというので、

市内では一応の進学校へ。

といっても市内には私立校と、女子高、工業高校、農業高校とそこの学校しかないため、

男女共学校に行くとなったらそこへ行くことになるのですけどね。

(工業高校も農業高校も共学ですが、あくまでも普通科の話です。)

210点取れれば合格ラインのところ、

取った点数は206点。

それなのになぜか合格。

後に入学してから面接した先生に言われました。

「お前は俺が面接で取ってやったんだぞ。」と。

しかし、当の面接は

「最近読んだ本で感銘を受けたものは何ですか」と聞かれても、

「最近本を読んでいないのでわかりません」だったり、

「新聞を読んで気になったニュースは何ですか」と聞かれても、

やはり「新聞読んでいないのでどんなニュースがあるかわかりません」

というものでした(汗)。

これのどこが先生の琴線に触れたのかわかりませんが、

おかげ様で無事高校に入学することができたのです。

先生ありがとうございます。

ここの高校は岩手県内でも数少ないバンカラ応援団のいる学校でして、

フジテレビが何度か取材に来ていました。

ちなみにこの高校の卒業生には某有名漫画家さんがいます。

高校卒業後は語学の専門学校へ行くつもりが、

担任からのゴリ押しで県内の私立大学を二次で受験させられ、

合格。

きっと学校の大学合格率をあげたかったのだろうと思います。

喜んだ親は「大学へ行け」と進学をプッシュ。

仕方がないと言ったら申し訳ないけど、

大学へ行くことに。

でも大学時代はとても楽しいものでした。

幼馴染だったおっとちゃんと遠距離恋愛でつき合うことになったり、

おっとちゃんの影響でバイクの免許取ってあちこち走りに行ったり、

好きなバイクでバイトをしたくてピザ屋でデリバリーをしたり、

着物ショーのモデルをやったり・・・。

そんなこんなで過ごした4年間も過ぎ、

いざ就職へ。

好きなバイクのお仕事をすることになるのですが、

お互い就職し、このままではおっとちゃんと会えなくなってしまうと思い、

自分がいつでも会いに行けるようフリーでいようと決意、

せっかく就職したのもわずか数日で辞めてしまいました。

私が会社をやめた本当の理由をおっとちゃんが知るのは、

結婚後20年近くたってからなのでした。

その後またもやピザ屋でデリバリーのお仕事を数年。

例え雪道でも3輪バイクで熱々のピザを玄関までお届けです。

雪道ドリフトを堪能?しながらの日々でした。

時には届ける途中ですってんころりん!

グチャグチャのピザを店に持ち帰り、

作り直してもらったことも何度か・・・。

今となってはいい思い出です。

そしていよいよおっとちゃんとの結婚へ・・・となる前に、

結婚するとチーバくんのいる県へ引っ越すことになるので、

その前に1年間は親と一緒に働こうと思い自営業のお手伝い。

雨の日も暑い日も雪の日も、

家族で庭を作ったり、木を植えたり、ブロック詰んだり、

穴掘ったり、土管埋めたりしました。

そうそう結婚する前の数年はトライアルにハマっていました。

普段の街乗りはZEPHYR400、オフやるときはセロー、

そしてトライアルはapriliaクライマーに乗って仲間と楽しんでいました。

テント積んであちこちにも行ったな・・・。

北海道をぐるっと回ったのはいい思い出です。

そしていよいよおっとちゃんと結婚し、

チーバくんのいる県へ。

「早く孫を」のプレッシャーに涙すること2年。

不妊治療の末やっと長男を授かりました。

初めての子育ては本当に必死で、

ばば様からの心無い言葉に涙することも。

それでも何とか乗り越えて、やがて2人目を自然妊娠。

まさか自然に妊娠するとは思っていなかったので自分でもびっくりでしたが、

その後3人目、4人目と授かり今に至ります。

子供は沢山いた方が断然楽しいです。

長男と次女はちょうど一回り違うのですが、

次女は長男LOVE❤なので、

私よりも長男の方にいってくれます。

長男も面倒を見てくれるので、

今の子育ての方がとっても楽です。

1人や2人しか産まなかったら、

ツライ思い出しか残らなかったんだろうな・・・、

としみじみ思います。

がしかし、思春期を迎えた子供たち、

学費もかかれば手間もかかります。

思春期に片足突っ込んでいる長女に、

「思春期で迷惑かけたらごめんね」と言われたので、

「母さんも更年期に入って迷惑かけるかもよ」と今のうちに謝っときました(笑)。

こんな私オパンスキーをどうぞよろしくお願いいたします♡(๑◕ܫ←๑)。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする