洗濯するなら粉洗剤おススメです

秋の長雨で部屋干しが続くと、洗濯物の臭いが気になります。

家族が多いと毎日洗濯しないとたまる一方なので、雨が降ろうが風が吹こうが毎日洗濯し、室内に干しています。

新しいものであれば気にならないのですが、着古した服や使い古したタオルなんかはやっぱり臭います。洗剤のCMで「嫌な臭いや泥汚れも落とします(当社従来品と比較)」なんて言ってるけど、

落ちたためしがないぞ!

新しいCMが出るたびに、「当社従来品と比較」って・・・、たしか、その当社従来品が新製品として出たときも同じこと言ってましたよね?

一体どんな洗剤が良いものかと思案していた時に、思い出しました、

実家では部屋干しなのに、洗濯物が臭わないことを。

両親共働きなので、洗濯は年がら年中部屋干しなのですが、全然臭くないんです。

何が違うのか考えてみると、
・洗剤は粉洗剤を使っている
・漂白剤は使ったり使わなかったり(あれば入れるけど、なければ入れない)
・柔軟剤は帰省のたびに違っていたりする
・洗濯機は二槽式

ん?二槽式??

二槽式!!

そうか、二槽式なら洗濯槽の裏側に汚れが付くなんてことないから、洗濯物も臭わないんじゃないか!

ということで、洗濯機を買い換えるときに二槽式にしようかと本気で悩みました。

がしかし・・・、家族六人分を洗濯するには小さすぎるのと、ほぼつきっきりになることを考えると買うのに躊躇してしまいました。

で買ったのが、シャープの洗濯槽に穴の開いていない洗濯機。
これなら大丈夫かな?と思って使っていたのですが、

うーん、やっぱりちと臭うかも・・・。

ということは、洗濯機に問題があるのではなく、洗剤かも!?と思い、実家と同じように粉洗剤を使ってみることにしました。

スゴイぞ!粉洗剤

以前から、洗濯するなら粉洗剤の方が落ちるということは知っていたのですが、洗剤を最先端の液体洗剤から粉洗剤に替えたくらいで変わるのかなと思っていたら、

かわりましたね。

ビックリするほどかわりました。

以前は液体のアリエールと、蓄積臭を落とすというのでワイドハイターEXと柔軟剤を使っていました。液体のアリエールから粉洗剤のアリエールに替え、ワイドハイターEXと柔軟剤はそのまま使用して洗濯し、部屋干ししてみたら、

見事に臭わなくなりました!

粉洗剤が落ちる理由

 粉洗剤は弱アルカリ性で、じつは汚れって酸性のものがほとんどらしく、その反対の弱アルカリ性を使った方が中和して汚れが落ちやすいんだそう。

さらに、漂白剤、蛍光増白剤なども入っていて、汚れをおちやすくし、白いものをさらに白くしてくれるのです。

それに比べ、液体洗剤や今流行のジェルボールは中性なので、粉洗剤と比べると汚れ落ちは劣るということに。

とはいえ、粉洗剤や液体洗剤それぞれにメリットデメリットがあるので、使い分けるのが一番なよう。

各洗剤のメリットとデメリット

粉洗剤のメリット                粉洗剤のデメリット
・洗浄力が高い                   ・保管方法が悪いと湿気を吸って固まる
・価格が安い            ・水温が低いと溶け残る可能性も
・色落ちしやすい
・柔軟剤は必須
・こぼすと散らかって大変
液体洗剤のメリット         液体洗剤のデメリット
・水に溶けやすい          ・洗浄力が劣る
・すすぎが一回で済むものが多い   ・価格が高い
・柔軟剤入りのものが多い
・デリケートなものが洗える
 

パッと見、粉洗剤のメリット少なくない?

と思うところですが、重要なのは汚れが落ちるか、部屋干しして臭わないかなので、私的にはおススメは粉洗剤となります。

ついでに言うと、しつこい汚れは固形石鹸と洗濯板でゴシゴシ洗ってから洗濯するのが一番汚れが落ちるかもです。

街中ですれ違った時に、部屋干ししたのが分かる嫌~な臭いがしてくると、パッと見素敵そうな人でもちと残念な感じになってしまうので、洗濯物の臭いには皆さん気を付けましょう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク