千葉三大ラーメンの一つ、アリランラーメンを家で作ってみた

「千葉県を代表とする千葉三大ラーメンは?」と聞かれて

「竹岡式ラーメン・勝浦タンタンメン・アリランラーメン!」

と即座に答えられた方、ラーメンが大好きですね。

竹岡式ラーメンと勝浦タンタンメンは、その地に行けば(いや、その地以外でも)いろいろなお店で提供されており、スタイルは同じでもお店によって味に違いがあったりするのですが、アリランラーメンだけは長柄町にある「八平の食堂」と長南町にある「ラーメン八平」、の二軒でしか食べられないよう。

なのに、三大ラーメンの一つに名を連ねるとは只者ではないだろう

と以前から気になっており、過去に行こうとしたのですが、水曜日が定休日らしくおっとちゃんのお休みとかぶる為食べることができませんでした。

金曜日休みだったこの日、遅く起きたおっとちゃんと遅い朝食を食べたあと、おっとちゃんが

「久しぶりにラーメンが食べたいな」

というので、それなら以前から気になっていたアリランラーメンが食べたいと提案したのですが、この時すでに10:30過ぎ。

今から出ると13:00過ぎるよね、ということでもう少し近場にしとこうとGoogleマップで「おいしいラーメン屋」と検索してみると、なんと一番上に「アリランラーメン」が!

これはもう行くしかないよねということで、さっそく出かけることにしました。

今回は茂原の先の長南町にある「ラーメン八平」で食すことに。

走りなれた茂原への道を通り、到着したのは13:00過ぎ。混んではいないけど、バイク乗りや他県ナンバーの車がとまっています。

入り口で名前を書き、先にメニューと代金を払って外で待っていると、間もなく中に通されました。

昔ながらの建物で、土壁に釘を使わずに組み込まれた柱、丸太を切り出して作った椅子、そしてなぜか黒電話と、まるで令和の時代から昭和にタイムスリップしたかのよう!

雰囲気を味わうなら、ぜひこちらの「ラーメン八平」で食すことをおススメします。

ラーメンができるまで気になったので椅子の年輪を数えてみたところ、およそ35年でした。

途中気候変動があったのだろうか明らかに木の色が変わっていて、見る人が見ればこの間に何があったのか読み取ることができるんだろうな・・・なんて思っていると、来ました!

待望のアリランラーメン!!!

これがアリランラーメンかぁ~。

決して華やかさはないけれど、ピリッと喉の奥を刺激する程良い辛さと、しょっぱめのスープと、玉ねぎの甘さがいい塩梅に混ざり合って、箸が進んでいきます。

ちなみに、アリランラーメンにはチャーシューがのっかっていないので、チャーシューがマストな人はアリランチャーシューを頼まないといけません。

私はアリランラーメン、おっとちゃんはアリランチャーシューを頼みました。

すすっている間にもお客さんはやってきます。14:00を過ぎているというのに・・・。

食べ終わり、食器を返却口に持っていくと壁に「お持ち帰り 850円」とあるので、これはラーメン大好きな次男に食べさせようと買って帰ることにしました。

そして日曜日。

さっそくお昼にアリランラーメンを作ってみることに。

このレシピで大丈夫か?と思うところもあり、今回は③のレシピを変更し、鍋で400㏄の水とスープと玉ねぎを煮こみ、再現率を高めることにしました。

まずは、玉ねぎとニラを切ります。ニラはお店のだと短めだったのですが、私の好みでもっとニラを感じられるよう長めに切ります。

次に玉ねぎを炒めます。

おそらくお店ではジュージュー何かを炒めている音がしたので、玉ねぎを炒めてからスープに投入しているのではないかと思われます。

鍋に400㏄の水とスープを入れてあたため、この間に別の鍋で麺を茹でます。スープは少し足りないかもしれませんが、今回は麺を一玉足して三人分作ります。

スープが煮立ったら玉ねぎを投入、玉ねぎの色が変わるまで煮込んでいきます。

本来なら潰したにんにくを一緒に入れて煮込むところなのでしょうが、今回はチューブのにんにく(みじん切りタイプのもの)を使います。

いい感じに玉ねぎが煮込まれたところでニラを入れ、

茹で上がった麺とスープを丼に入れれば出来上がりです。

どうですか?

ニラが長いところとスープの量が少ない以外はお店のと同じよう(´艸`*)!もちろんお味もお店の様においしかったです。

ちなみにこのスープ、若干ですが玉ねぎとチャーシューなのかなぁと思われる具材が入ってはいるのですがホントにちょぴっとなので、お家で作る時はぜひ玉ねぎとニラをご用意ください。マストな方はチャーシューもね。

日本一行きづらいラーメン店ともいわれる「ラーメン八平」

食べに行ったらまたあの味をおうちでも味わえるよう、お持ち帰りのラーメンを買って帰ることをおススメします。

んめがったな~(・∀・)ノ!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク