高級食パン専門店『街がざわついた』が酒々井にも出店か?

バイクで京成酒々井駅の前の道(宗吾酒々井線)を走っていると、

ヤックス近くに高級食パン専門店の『街がざわついた』の車が止まっていました。

どうやら『コンテナカフェクレール』に第2・4金曜日に出店しているようで、この食パンが大好きな娘にかねてから「『街がざわついた』の食パンが食べたい!」と言われていたので買って帰ることにしました。

『コンテナカフェクレール』とは
コンテナを利用したカウンター8席のレンタルカフェスペース。
小さなお店ですが、曜日でお店が入れ替わります。
 
 
 

『街がざわついた』本店は佐倉市王子台にあります。

京成臼井駅からすぐそば!

 
 


私が初めて知ったのは朝の情報番組で、

お店の壁や袋に描かれた絵の中の一人がハリセンボンの近藤春菜さんに似ている

と取り上げられたことからでした。

 
さて、どれでしょう?
 
 
 
この人かな?
 
 
 
 
ちなみに食パンはこんな感じ。
 
 
 
 
 
それなりのお値段(税込864円)するだけあって、甘くてフワフワな食感は、スーパーで売られている食パンでは味わえないですよね。
 
 
 
 
今までは佐倉市でしか買えなかった『街がざわついた』の食パンですが、日にち限定ではありますが酒々井町でも買えますのでお近くの方はぜひ酒々井のお店に行ってみてください。
 
 
 
出張販売情報
コンテナカフェクレール
 
住所
千葉県印旛郡酒々井町上岩橋62-5
 
販売日時
第2・4金曜日  10:00 ―14:00
スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク