突然右下腹部に激痛が!

2月の中旬のある日、右下腹部に突然激痛が走りました。

あまりの痛さに

「うっ!」

という声がもれ、思わず身を屈めてしまう程。

なんだこの痛みはΣ(❍ฺω❍ฺ)?!

その後も先程ではないにしろ、ズキズキと痛みが続きます。

場所的に、卵巣か盲腸の辺りか・・・。

時期的には排卵痛の可能性もあるけど、それにしては痛すぎます(⑉꒦ິ^꒦ິ⑉)。

もしかして、これは盲腸ではないのか?

そんな不安がよぎります。

とりあえず、様子を見ようと数日を過ごしますが、その間もズキズキと痛み、時には身を屈めてしまうほどの痛みがあります。

3月に入るとお月様もやって来ました。

もう排卵痛の可能性はとっくに消えています。

これは、やはり盲腸かそれ以外の病気か?と不安になります。

またこんな時に限ってネットニュースで「卵巣肥大」の記事が出てたりして、

これは私に気づかせようとしているのか?

などと勘繰ってしまったり・・・。

病院行けよ(;-ω-)ノ!

痛み出してから1ヶ月、痛みは治まらないのでついに病院に行くことに決めました。

婦人科のあるこの病院を訪れたのは3月の中旬。

次女を妊娠していたときに検診でこの病院に通っていたので、もう10年ぶりになります。

尿検査をして、内診をしてもらい、子宮と卵巣の状態を診てもらうと、

  • 尿検査の結果タンパクが出てる
  • 子宮が普通より大きい
  • しかも右に傾いている
  • この子宮の状態だと貧血かも
  • 卵巣に異常はない

ということが分かり、内科か胃腸科に行って貧血と腸の方を診てもらうようすすめられました。

念の為、子宮頸がんも検査もしておくので、内科の方の血液検査の結果が出たらその結果を持ってこちらの検査結果を聞きに来るということになり、次は内科を受診することにしました。

日を改めて内科を受診して、血液検査の他に大腸検査と腸のレントゲン、CTを撮ってもらい腸の状態を診てもらいます。

CTとレントゲンを見る限り、盲腸にも腸にも異常はないようで、やはり子宮は大きいとの事。

そして出た診断結果は、

通常より大きい子宮が右に傾いて腸を押してる

という、なんとも意外なものでした!

子宮が右に傾いているのには心当たりがあります。

寝るときにいつも右を向いて寝ているんです。

「これからは左を向いて寝るように」ということになり、大腸検査は後日持って来て、血液検査と大腸検査の結果が出たらまた来てくださいと言われました。

婦人科も内科も検査結果がまだ出ていないので安心するのは早いのですが、とりあえず痛みの原因が分かったので今日から左を向いて寝ることにします。

いつもなら右の壁の方を向いて寝ているので、左を向いて寝ることに若干の新鮮さを感じます。

ホントにこれであの痛みがなくなる?

はい、なくなりました!

ごくごく稀にチクッとした痛みがあったりしますが、あれほど毎日ズキズキと痛かったのが嘘のようになくなったのです!

これであの痛みから解放されるとは、なんとも意外な結果となりました。

しかし、左ばかりを向いて寝ると今度は子宮が左に傾いてしまうのではというおそれがあるので、これからは右を向いたり左を向いたり上を向いたりして寝ようと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク